< >
a1 poster
< >
installation view | photo: clemens mueller
clemens mueller scenography
< >
catalog

phono/graph -sound, letters, graphics-

2012.8.9 thu - 10.10 wed
Dortmunder U, Dortmund / Germany
11:00 - 19:00 closed on monday

introduction

In his book, The Medium is the Massage, Marshall McLuhan writes, "Media, by altering the environment, evokes in us unique ratios of sense perceptions. The extension of any one sense alters the way we think and act – the way we perceive the world. When these ratios change, men change."

In the mid-15th century, Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg applied the principle of a wine press to develop the technology of moveable type, and in the mid-19th century, Thomas Alva Edison used tin foil and a needle to create a toy-like device called the photograph.

Through the advent of these simple machines, media rapidly expanded our senses and changed our way of thinking, living, and expressing.

In both Gutenberg and Edison's age, many others attempted to alter media through a variety of different approaches. But as it happens, only the two of them have gone down in history. People with a profound curiosity in media revolution have ventured to "record" many things using a wide range of unique methods. One might even say that it is the experiments which have vanished in time that have served as the driving force for change in our lives.

The media revolution that is currently underway rivals the changes that occurred in Gutenberg and Edison's day. In our age, venturing to "record" things using a variety of curiosity-fueled methods is the domain of artists and designers. Conceiving of new media with a host of other people based on the free use of ideas and media by definition contains the potential to "change our perception of the world."

Organizing the phono/graph exhibition, originally held at Osaka's ddd Gallery in 2011, led me to a variety of ideas and interests. In presenting the exhibition in Dortmund, I convinced that the new interests and ideas that emerge from this collaborative effort are also likely to bring about some small change in our perception of the world.

Yukio Fujimoto

phono/graph -音、文字、グラフィック-

2012年8月9日(木)ー10月10日(水)
Dortmunder U, Dortmund / Germany
11:00 - 19:00 月曜休館

イントロダクション

マーシャル・マクルーハンは「The Medium is the Massage」の中で「メディアは、環境を変えることにより、われわれの中に特有の感覚比率を作り出す。われわれの感覚のどのひとつが拡張されても、それは、われわれの考え方、行為の仕方一世界を認知する仕方、を変える。これらの感覚比率が変わる時,人間も変わる。」と述べている。

15世紀半ばにグーテンベルクにより発明された活版印刷技術は、ワイン絞り機の原理を応用したものであり、19世紀後半にエジソンによって開発された蓄音機は、錫泊と針によって作られた玩具のようなものであった。

このような単純な機械の登場により、メディアは、われわれの感覚を飛躍的に拡張し、考え方、生活の仕方、表現を変えてきた。

グーテンベルクの時代も、エジソンの時代も、多くの人々が、様々な方法でメデイアの変化の試みをしていた。その中で、たまたま彼等が歴史に残っているだけである。メディアの変革期には多くの好奇心を持った人達が、それぞれの独自の方法で「記録すること」に挑戦している。この歴史の中に消えてしまった様々な試みこそが、我々の生活を変えて来た原動力ではないだろうか。

今、この時代は、グーテンベルクやエジソンの時代に匹敵するメディアの変革期である。この時代に、好奇心を持って様々な方法で「記録すること」に挑戦することは、今の時代を生きる芸術家やデザイナーの使命ではないだろうか。自由な発想とアイデアで、多くの人達と一緒に新しいメディアを考えることは「世界を認知する仕方」を変革する可能性を持っているはずである。

2011年大阪のdddギャラリーで開催された「phono/graph」展を作り上げて行く課程で、様々な発想や興味が生まれて来た。今回、ドルトムントでの展覧会が実現できることで、また新たな好奇心やアイデアが、共同作業によって作り出されることは、「世界を認知する仕方」を少しばかり変革する可能性を秘めているのではないかと思う。

藤本由紀夫